海外の育毛剤を徹底解説

まずは、Johnson and Johnson社から発売されているRogaine(ロゲイン)から解説します。本製品には、AGA(男性型脱毛症)の治療薬としても知られるミノキシジルを5%配合しています。ミノキシジルは、日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインで推奨度Aと高く評価されている成分です。ミノキシジルは、血管拡張効果を有しており、血流が改善することにより、毛母細胞が活性化して脱毛症を改善すると言われています。

次に、世界初!飲む育毛剤として知られるプロペシアを解説します。本製品に含まれているフィナステリドは、ミノキシジル同様に日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて推奨度Aを獲得しています。プロペシアは、服用タイプで男性ホルモンによる脱毛症に効果を発揮します。フィナステリドは、5α-還元酵素の働きを抑制して脱毛原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。

ミノキシジルやフィナステリドは、世界的にも知名度の高い成分です。それぞれ価格の安いジェネリック医薬品も登場しています。しかし、注意点もあります。それがニセモノの存在です。ニセモノを判別することは困難ですが、海外の育毛剤を入手する場合、信頼性の高い流通経路を確保する必要があります。

育毛剤の質問に答えるページ!
http://www.jxnarc.org/

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

精力剤の素材で注目のマカとはどんな成分?

精力剤というとどのようなイメージを持たれていますか?一般的には、マムシやスッポンなどの動物系精力剤もしくはニンニクや朝鮮人参などの植物系精力剤(主に漢方薬)をイメージするのではないでしょうか?これらに含まれている成分は古来より性生活の満足度を高める効果でも期待されていました。精力剤は、勃起不全(ED)などの治療薬ではありません。しかし、多くの場合、性欲減退や早漏、遅漏などの性生活に関わる機能向上を目指しているものが多いです。精力剤に利用される素材は、高い栄養価のものが多く、生活する上での活力を与えてくれます。

最近、精力剤の素材として注目を集めている“マカ”は、ペルー原産のアブラナ科の多年草で、4000メートル級の高地で生息しています。漢方ではおなじみの成分です。マカはアルギニンやジニンなどの必須アミノ酸やリノール酸、ニノレン酸などの不飽和脂肪酸を含み、リン、カリウム、マンガン、亜鉛などのミネラル分の含有量も豊富です。マカを摂取すると活力増強や精子卵子の増殖効果を期待できると考えられています。これらは、アルカノイドやステロイド、タンニン、サポニンなどの第二代謝産物による下垂体刺激が内分泌腺の活動を活性化させた結果だと考えられています。

最近疲れ気味だと考えられているあなたにマカを配合した精力剤はおすすめです。

精力剤ならxn--8drze616k.net

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。